ファクタリングの比較するべき主要項目

subpage1

企業間の取引は個人間の取引と違って、物やサービスと現金を取引するのではなく売掛と買掛で取引するケースがほとんどです。

顧客のメインが一般の消費者という企業では売上に対する売掛の割合は少ないケースもありますが、顧客が法人の場合は売上のほとんどを売掛で受け取って、その後売掛債権を現金に決済する流れになります。

ファクタリングの比較の情報を提供中です。

売掛債権を持っているリスクとして挙げられるのは、売掛を決済する前に売掛先の企業の経営破綻などで、回収不可能になりそのまま損失になってしまう事です。また売掛を決済するまでは現金を手にすることはできないので、現金化がすぐに必要な場合に現金の工面に苦労する可能性がある事もリスクの一つです。
ファクタリングとは売掛債権の保証料を貰う代わりに万が一回収が不能になった時に、買取の保証をしてくれるサービスです。


保証型以外にも早期の現金化を目的に買取りをしてくれる買取型のファクタリングサービスもあります。



サービスを提供してる業者はいくつもありますが、条件が少しずつ違うので比較をして選ぶことが重要です。

比較する時の主要な項目としてまず挙げられるのは手数料や保証料です。



これがファクタリングの利用料になるので、業者を選ぶ時に真っ先に比較するべき事です。業者によって保証してくれる金額の上限や審査が下りるまでの時間に違いがあります。


大口の取引が多い企業やファクタリングを素早く使いなどそれぞれ希望する条件があるので、それらの条件も比較するべき要素です。