比較してファクタリングを選ぶ

subpage1

ファクタリングとは企業が持っている売掛を早期に現金化したり、貸し倒れのリスクを回避するために保証をしてくれるサービスの事です。
個人間の取引ではこの物やサービスと現金をその場で取引する事が多いですが、企業間の取引では物やサービスを買掛、売掛で取引する事が多いです。もしサービスや物を取引先に販売できても、売掛先が回収前に破綻してしまうような事があると回収は不可能になり、そのまま損失に変わってしまいます。


またすぐに現金化必要な場合でもすぐに売り上げを現金化できるわけではないので、資金繰りに苦しむケースも考えられます。

ファクタリングの比較情報ならこちらをご利用ください。

このような時にファクタリングを利用すれば、これらのリスクを回避する事ができます。
保証型では売掛の保証を行ってくれるので、貸し倒れのリスクから解放されます。



さらに買取型を利用すれば、すぐに現金が必要な場合に売掛をすぐに買取ってもらえるので、現金の調達に困る事はありません。



これらのサービスを利用する時は手数料が発生しますし、サービスの提供会社によって特性が違うので、自社にあった会社を比較して選ぶことが大切です。


比較するべきなのは手数料の金額だけでなく、保証できる債権の限度額や審査までの時間までも比較するべきです。企業の規模が大きく大口の取引が多い企業が、限度額が他と比べて低い会社を選んでもミスマッチが生じます。
ファクタリングを利用する時は、いかに自社の取引にマッチしたサービス提供会社を選べるかが重要です。