買取型と保証型のファクタリングの比較

subpage1

ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけてリスク回避をしたり、売掛債権を買い取ってもらい現金化する金融サービスのことを指します。日本の企業の多くが信用取引を行っており、商品やサービスの提供を先にすませ、資金の回収を後回しにするのが一般的です。

こうした取引を行う場合には、売掛金の回収が遅くなったり、取引先の倒産などで資金回収が困難になるケースが出てきます。

ファクタリングの比較関する情報探しのお役に立つサイトです。

ファクタリングのサービスを使えば、手元の現金が不足しがちな企業はすぐに現金を手に入れる事ができますし、取引先の倒産などで資金難に陥る危険性も回避できます。ファクタリングには、買取型と保証型の2種類があります。

それぞれ比較すると、買取型は企業が売掛金を早く現金化したい場合に利用され、保証型は取引先の倒産などによる売掛金の貸倒れリスクを避けるために用いられています。

また、買取型は取引先の関与の有無により、2社間と3社間のサービスに分けられます。



2社間のサービスでは、取引先の承諾がなくてもファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらえるので、資金が底をつきた企業が手早く現金を調達するのに適しています。

しかし、3社間のサービスと比較すると、手数料が非常に高いのがネックです。


3社間のサービスでは、取引先の承諾を要し、現金化のスピードが遅くなりますが、2社間のサービスと比較して手数料が安くすむので魅力です。


ファクタリングを利用する際には、買取型と保証型の2つがあり、また買取型には2社間と3社間の違いがある点に留意しておく必要があります。