ファクタリングの種類による手続きやメリット比較

subpage1

ファクタリングには、「利用企業」と「買取会社」で契約する「2社間取引」と、そこに「売掛先企業」を加えた3社でおこなう「3社間取引」とがあります。

両者の手続きの違いやメリットなどを比較して見ていきましょう。

ファクタリングの比較についての情報はこちらです。

まず、2社間でおこなうものは売掛先企業が取引にかかわらないため、ファクタリングをおこなったことを知られずに進めることができる点が特徴です。


経営状況が苦しいのではと誤解されたり、信用を落とす心配がありません。
したがって、取引先などとの関係が心配な場合はこの2社間契約を利用すると良いでしょう。

ただしデメリットもあり、債権への調査をより慎重におこなうことや未回収リスクが高いことから、3社での契約と比較して手数料は高くなります。



また、二重譲渡とならないよう債権譲渡登記をする必要があり、専門家に依頼するための費用がかかります。契約すると手数料を引いた金額が振り込まれ、売掛先から入金されたらすぐに買取会社に支払いをおこない、一連の流れは完了です。
一方の3社間契約の場合は、売掛先企業がかかわってきます。



売掛先が加わることで買取会社にとっては未回収リスクが少なくなりますので、2社での契約と比較して手数料は安くなるのが特徴です。ただし、債権譲渡することを取引先に通知・承諾をもらう必要があるのと、それらの手間や時間がかかることで、入金まではどうしても時間がかかってしまう点がデメリットだといえます。
2社間との手続きの違いは、売掛先から直接ファクタリング会社に入金されますので、手数料を支払った後の支払い手続きは派生しません。