関東から飛行機で行くスキーツアー

関東からは東日本の各地にスキーに行く事ができますが、パウダースノーを上回るシャンパンスノーを満喫したい場合は飛行機で向かう北海道のエリアがおススメです。北海道のスキーシーズンは12月〜4月となっており、関東近郊のエリアよりも長めにスキーを楽しめる点も特徴といえます。
関東から飛行機を使って北海道に行くツアーの多くは2泊からの設定となっていて、3泊・4泊といった長期滞在も可能ですので、スキー・スノーボードに没頭したい場合は長期にわたって過ごすと良いでしょう。

今年、最も指示を集めた夜行バスについて解説いたします。

ツアーの概要は、午前に羽田空港を発つと昼前後から目的地のエリアで滑り始める事が可能であり、現地の空港(新千歳・旭川・帯広等)からは無料のシャトルバスで送迎してもらえるツアーが多いので、現地に於ける交通機関チケットの予約の手間が省けて便利です。
滞在期間に過ごすホテルはスキー場から徒歩圏で行ける事から、重い荷物を持っていても負担になる事は少なく、夕飯を食べてからすぐにナイターに出かける事も可能で、最終日以外のナイター以外は滑れる設定を設けているツアーが多くなっています。

飛行機に関しては、標準価格で乗れるのは早朝・日中になっている事があり、利用が多くなる昼に近い午前については割増料金が加算される事があります。



自分が住んでいる地域の事を考えながら出発の時間を考えると初日の朝はバタバタしないで行動できるので、余裕のあるスケジュールを組んでおきましょう。