関西発の飛行機を利用する人気のスキーツアーとは

関西地方にも多くのスキー場がありますが、良質のパウダースノーを求めるのであれば長野県や新潟県、北海道に行く必要があります。
関西地方から良質の雪が楽しめるスキー場に行く方法は、鉄道を利用して信州や新潟方面にアクセスするか、飛行機を利用して北海道にアクセスすることです。

伊丹空港または関西空港から札幌行きの航空便が多数発着しているので、航空会社系列の旅行会社が北海道方面行のスキーツアーを企画・販売しています。

関西から沖縄についてお答えします。

関西地方からJRの特急を利用して長野県や新潟県に行く場合と、飛行機を利用して北海道に行く費用はほとんど変わりません。



北海道に行くツアーの魅力は、スキー他にもオプションで札幌や小樽観光も楽しむことができる事です。


このため、関西地方発のスキーツアーは本州よりも北海道の方が高い人気を集めています。
北海道行きのツアーで利用する際は、ビジネス客の利用が少ない曜日・時間帯の航空便を利用すれば、かなりお得です。
飛行機は鉄道のように途中駅から客を乗せることができないため、出発までに予約が埋まらなければ空気を運ぶことになってしまいます。



航空会社は空席を埋めるために、空席の多い便に限って格安料金でツアー旅行を販売しています。


飛行機は目的地までの所要時間が短いので、移動時間は鉄道で信州や新潟にアクセスする場合と比べてもほとんど変わりません。
京阪神地区に住んでいる人であれば、本州よりも北海道の方がおすすめです。