ファクタリングの方法の比較で利用を決めましょう

subpage1

ファクタリングのサービスを利用したいと考えている人も少なくないものですが、この方法はどのような仕組みであるのかを知っておくことも重要です。一般的にファクタリングとは、回収前の売掛金を買い取るサービスのこと指し、日本の企業経営において一般化している信用取引で発生する売掛債権の買取サービスと考えて良いでしょう。

こちらのファクタリングの比較情報選びに特化したポータルサイトです。

通常の状態であれば売上代金を後日回収する場合でも問題は発生しにくいものですが、資金繰りが良くない状態であると入金が遅れるだけでも企業の存続に影響が及ぶおそれも高くなります。



しかしファクタリングを利用して現金化を早急に行うことで、未回収のままである売掛金があっても安心感が高くなります。
利用するときに比較するべきなのは、2社間もしくは3社間の方法を選択で、それらの特徴を知っておくことが必要です。

2社間の場合には、利用者と売掛先の間には直接的な関わりがなく、ファクタリング会社と利用者のみの契約となります。売掛先に売掛債権の売却を知られることがありませんので、取引の関係性を損なうことがないというメリットがあります。
一方で、この方法は比較的手数料が高くなる傾向にあると考えて良いでしょう。


3社間の場合には手数料は比較的低く抑えられますが、ファクタリング会社と売掛先、そして利用者の合意のもとで行われる契約です。
合意形成に至るまでの手続きや資料の作成などに時間がかかるなどの手間が多いという点に注意が必要です。それぞれのメリットを比較し、利用する方法を決めると良いでしょう。



ファクタリングの基本知識

subpage2

ファクタリングには、「利用企業」と「買取会社」で契約する「2社間取引」と、そこに「売掛先企業」を加えた3社でおこなう「3社間取引」とがあります。両者の手続きの違いやメリットなどを比較して見ていきましょう。...

more

ファクタリングの基本知識!

subpage3

ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけてリスク回避をしたり、売掛債権を買い取ってもらい現金化する金融サービスのことを指します。日本の企業の多くが信用取引を行っており、商品やサービスの提供を先にすませ、資金の回収を後回しにするのが一般的です。...

more

ファクタリングの話

subpage4

ファクタリングとは企業が持っている売掛を早期に現金化したり、貸し倒れのリスクを回避するために保証をしてくれるサービスの事です。個人間の取引ではこの物やサービスと現金をその場で取引する事が多いですが、企業間の取引では物やサービスを買掛、売掛で取引する事が多いです。...

more

ファクタリングのわかりやすい情報

subpage5

企業間の取引は個人間の取引と違って、物やサービスと現金を取引するのではなく売掛と買掛で取引するケースがほとんどです。顧客のメインが一般の消費者という企業では売上に対する売掛の割合は少ないケースもありますが、顧客が法人の場合は売上のほとんどを売掛で受け取って、その後売掛債権を現金に決済する流れになります。...

more